10月29日で退職となりました

10月29日で退職となりFIRE達成となりました。

約1カ月前に早期退職し念願のリタイア生活に入ります。でも報告しましたが、予定通り月末で退職となりました。

今週は、最終週ということで、食事会が多かったです。

まだ、大々的な懇親会はNGとなっているため、こじんまりとした簡易送別会やランチ送別会となりました。
複数グループでの開催を複数日で開催してもらいました。

形式ばった全員必須の送別会では無いので、本当に仲の良い人たちと少人数となりました。無理に全員と話す必要がなく良かったと思います。コロナ前だと意思とは関係なく強制的に参加している人も沢山いましたので。

10/29が出社最終日でしたが、片付けはほぼ終了しており、私物もすでに自宅に持ち帰っていたので、パソコンのデータ消去や共有フォルダの整理、メールでしかご挨拶できない方々への(発令後に一斉メールしたリプライに対する)返信メールを書いておりました。(返信後電話がかかって来て長話したり。)

全体挨拶も終わり、定時でパソコンの電源はオフにして周りの人と少しお話をして退社し、数人と軽く食事に行きました。

今週が最終でしたが、あっさりとしたものでした。
特に感慨深くも無く、選挙の方が気になるぐらいでした。

突発退職でなく、10年前から計画していたことなので、会社に対して気持ちの高ぶりも無いからだと思います。嫌で辞めたわけでもないので罪悪感も特にありません。
お金面で踏み切れた理由にも記載していますが、お金の問題があれば、まだ働いていたと思います。

来週から時間は余るほどあるので、そこはわくわくしています。大学生時代も自由時間は沢山あり十分楽しみましたが、それでも、理系だったので、実験を徹夜で実施等時間はまるまる自由時間ということが無かったので、お金も自由で使え、時間も自由に使えるのは生まれて初めてになると思います。

今までだと、休みの日でも、直近の仕事、数カ月先の施策や社員の育成等なんかしら会社業務を考えていましたが、
これからは、身内の問題や自分の問題に100%注力できるので、手抜きが無く最適解が出せそうです。

そう思うと、アラフォーで時間を買ったのだと実感しています。

退職を妻へ説明してから、上司に報告を行い退職願を会社へ提出と順番も守ったのでスムーズにものごとが進みました。

早期リタイアはいずれ暇がつらくなり、仕事を再開したりすると言いますが、そうなったら好きな仕事を選ぼうと思います。お金は気にしなくていいので、その辺は楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください