アメリカのリタイア事情

アメリカではある程度貯めたらリタイアし働かないことがステータスですが、生活コストを下げるために、日本でも聞く移住をすることが流行っているようです。

ただ、日本の移住者同様いわゆる田舎では生活が不便のため、高級レストラン、最高級の健康管理、散歩ができる、ショッピングが可能なエリアとなるとそれなりの都市が必要で、アメリカのサイトを色々見ると以下5つの海外都市が人気があるようです。

1.コロンビアのメデリン
メデリンは花の都として知られており、一年中春のような天気の屋外ベースのアクティブなライフスタイルを提供しています。メデリンは、多くの米国の都市より安価です。月額1,500ドルから2,100ドルの予算でうまく生きることができます。

生活費はニューヨークよりも67%も低いことになります。

 

2.マレーシアのジョージタウン
ジョージタウンはマレーシアのペナン島の多文化都市です。夫婦で月に1,550ドルで住むことができます。高級夫婦が溢れ出すことができ、贅沢な生活を送っても2,550ドルの予算で可能です。快適さと便利さと簡単な予算で贅沢な生活ができます。

 

3.ポルトガルのポルト
ポルトガルで2番目に大きな都市は、旧世界の魅力と利便性を提供しています。小さな都市という雰囲気で、国際空港を持つ活気あふれるビジネス街です。

ポルトの自然と建築の美しさ、美味しい食べ物とワイン、娯楽の全てについて、驚くほど手頃な価格で利用できます。夫婦の月額予算は1,600ドルです。生活費指数はニューヨークよりも約50%低いことになります。

 

4.パナマのパナマシティ
安価にコスモポリタンな生活を楽しむことができ、おいしい空気と水だけでなく、インターネット環境など堅実なインフラに加え、米国との近接性を備えています

夫婦は、1ヵ月間1,800ドルで2ベッドルームアパートで快適に暮らすことができます。月額2,900ドルの予算でより贅沢なライフスタイルを提供します。生活費指標はニューヨークよりも約40%低くなります。

5.ウルグアイのモンテビデオ
モンテビデオには都市でありながら多くの大きな公園、広場、並木通り、砂浜があります。

夫婦は月に3,300ドルでベッドルームのある家具付きマンションを借りて暮らすことができます。生活費指数はニューヨークよりも約40%低くなります。

twitterでもつぶやいています

応援ありがとうございます。 m(_ _)m 
 
 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください