サラリーマン継続かリタイアか

完全リタイアを行いたいが辞めるためにはいくつかのハードルがあると思う。

第1に年金受給までお金が持つか

第2に妻子が納得するか

第3に世間体。近所もあるが、親。義理親にどのように言うか。

年金受給までお金が持つか

お金の問題は、シミレーションでも計算したが、結局いくら必要かはある程度想定してそれに納得できるか否かである。お金はいくらあっても足りないと思えばそうだし、突発的なことが起きると言えばきりがない。

わたしは投資運用で生活していきたいと思っているし大きな損害が出たら、月10万円程度の仕事(バイトも含む)でカバーできると考えている。大きな損失を出さないように株式投資の腕は磨き続ける必要があるが。

妻子が納得するか

一番簡単なようで難しい。お金があろうがなかろうと勤勉が日本人の特徴であり、それを逸脱するのは罪だという風潮があり、妻もその一般的な考え方に近い。

また、子どもの教育面ではプラスよりマイナス面が多い気がする。現在中学生であり、早期退職し専業主夫にでもなり顔を合わせる機会が増え学習面はサポートできるが、リタイアの説明が難しい。

米国などでは、若いうちに一生懸命働きお金を貯め早期リタイアすることは悪い風潮にはならず、逆に成功者ということになるようだが、日本では、先い書いたようにそのような風潮はない。

将来子供の仕事が長続きできなくなるという不安もあるし、それを妻から指摘されると正しい答えが出せない。

世間体。近所もあるが、親。義理親にどのように言うか。

古いマンションのため、年輩の方が多くいる。多分よく合うことになるだろうが、わたしは、何か陰で言われても、気にはならないし、フリーで部屋で仕事をしていることにすれば問題ないと思う。

親や義理親はともに70代だが自営で働いており働かない事に対して、相当言われ続けることを覚悟しないといけないと思う。親は近くに住んでおり、嘘をつき続るのは厳しそう。だからといって正直にも言えず気が重い。

 

第2に妻子が納得するか

第3に世間体。近所もあるが、親。義理親にどのように言うか。

のロジックの組み立てをしっかり考えたいと思う。

 

twitterでもつぶやいています

応援ありがとうございます。 m(_ _)m 
 
 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください