早期リタイアにするにあたり妻へ説明

約10年前に、50歳近くで早期退職で完全リタイアし、100歳まで生きた場合のシミュレーションをExcelで作成しました。

【早期リタイア実現】お金面で踏み切れた理由」で記載したパラメータを入れて作成しました。

これを約10年前に妻に説明して、10年後に辞めるけど、良いかと相談しました。
あまり真剣に取ってもらえませんでしたが、細かいパラメータを入れていたので、想定していた教育費の質問以外特にありませんでした。

教育費も大学で1千万円、高校までは3百万円を想定していましたが、私立等の妻の意見もあり、6百万円の1千6百万円ほどをパラメータに投入して説明しました。(実際は、高校まで公立及び、塾も行かず、想定以下となりましたが。)

生活費等も意見を聞いて、微修正しました。
その後も、パラメータを最新化して毎年都度説明し、仮に、60歳まで働き続けたら、このぐらい資産が増えるということも正直に説明してきました。

今年の4月ごろ、当時、想定していた金額より超えていたので、半年後の10月末に辞めることを考えていると伝えました。

もちろん大賛成では無いですが、今まで何度も聞いていたことなので、驚きもなく、了承となりました。

以下2点が普通、反対意見になると思います。

①早期リタイアすると生活できなくなる。
②早期リタイアすると働き続けた分の資産が増えない≒損した

①はなんとなくの不安もあると思いますが、不安材料を明確にするためシミュレーションで最悪パターンも見せていたので、反対はありませんでした。

②は、お金はあるだけあった方が良いので、お金に強欲であると、働き続けろと言われると思いますが、妻は、それはありませんでした。

また、世間体は気にしていませんでした。

逆に家事の負担が減るのがよかったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください